風俗営業許可について知る

風俗と聞くと、大半の人は性的な意味のある店を想像すると思います。なんとなく軽蔑してしまう人もいるような言葉です。ニュースで無許可で風俗店を営業して、未成年の少女を雇ったとして逮捕されたなど日常茶飯事でよく聞きます。あまり良いイメージがないように感じます。ところが、風俗といっても幅広い意味があって、ダンスホールを営業している企業や、パチンコ店・ゲームセンターも風俗営業許可によって営業している、ちゃんと法的に認められた会社です。


このような形態の事業が風俗営業です。一方で、私たち一般人が風俗と聞いて想像するソープランドやストリップ等は、性風俗特殊営業というカテゴリーに分類されます。ちゃんと法律の手続きに沿って事業を行っている人もいる中で、風俗営業ということで誤解されるのは良い迷惑です。わたしたちの生活に密着していて、なくてはならないものもあるし、利用させてもらってるものがたくさんあります。例えば、ゲームセンターは子どもたちのストレス発散の憩いの場として活躍しています。学校が終わり、勉強から解放された時、真っ先に行くのは男の子であればゲームセンターです。ゲームセンターに行ったことのない人の方が少ないでしょう。誰もが一度は行ったことがあり、友達と遊んだ思い出があると思います。パチンコ店は、大人の娯楽の時間です。ギャンブルのやりすぎは借金や、依存症にも繋がりかねるので危険ですが、掛ける金額と時間を守って遊べばとても楽しいです。


大人になれば、社会のストレスに常にさらされます。そんな時、誰かに暴言を吐いてケガを負わせたり、お酒に頼って体を壊すよりは、一攫千金を狙ってストレス発散することは良いことだと思います。特に日本人はストレスがたまりやすい性分なので、はけ口の場となる風俗店はなくてはならないものだと思います。そういった経験から、自分で風俗店を立ち上げ、起業しようとする人もたくさんいます。そんな時、風俗営業許可について知っておく必要があります。恐らく、事業者や関連会社に働いている人以外、風俗営業許可という言葉は知らないと思います。風俗営業許可という言葉をサイトで調べれば、自分で申請書を作成するためのマニュアルがたくさん載っています。そこでどんな手続きがあるのか、何が許可されるのに必要なのか把握することで警視庁からの許可がおりやすくなります。日本の景気を支えるのは風俗店という一説もあります。風俗営業許可という言葉を知ることで新しい道が開けるかもしれません。